eS-League

eS-League news

アジア大会初出場のWELLDONEがeS-League CHAMPIONS 4thを制覇!

2020.06.24
アジア大会初出場のWELLDONEがeS-League CHAMPIONS 4thを制覇!

今回で4回目となるeS-League CHAMPIONSはグループステージの時点から日本クラブが強さを見せつけるところから始まった。
これまで何度も上位に顔を見せている海外のクラブを相手に全てのグループが1位通過という快挙をなしたこともあるが、国内リーグ1位が集まるグループDを無敗で制したEKUVO FCと全勝でグループAを制覇したWELLDONEが今回の日本勢の強さの象徴となったといえる。

決勝トーナメントは日本が全て1位通過していたこともあり、初戦でぶつかり合うことがなかった。
そのため日本勢は全クラブが海外のクラブと戦うことになり、それらを全て勝利で飾ったことにより初戦突破した段階で日本クラブの優勝が確定。
準決勝では日本の国内リーグ優勝を決めるプレーオフトーナメントでぶつかり合ったFC OnionsとEKUVO FCの戦いが再度実現した。
前回はEKUVO FCの辛勝で国内制覇の足掛かりとなったが、今回は二度の引き分けを経てFC Onionsが勝利し、借りを返す形となった。

決勝はここまでの14戦でわずか1失点しかなかったWELLDONEと国内ではブロックSを1位通過し、今回の対戦相手となるWELLDONEを直接対決でも下しているFC Onionsの2クラブの対決。
1戦目は両者ともになかなか決定打をあげることができずスコアレスドローになったが、続く2試合目の32分にWELLDONEが先制点を決め、さらに前半終了間際の45分に追加点を挙げ優勝に大きく近づいた。
FC Onionsも後半に1点を返すが、それ以上の追加点を許さないWELLDONEが予選を通し無敗、そして僅か2失点の圧倒的な成績で優勝を決めた。

次回以降の大会でもこれ以上の成績で優勝するのは難しいであろう記録を築き上げWELLDONEが初参戦初優勝という形でeS-League CHAMPIONS 4thは閉幕した。
WELLDONEの皆様、優勝おめでとうございます!

AD